看護師不足日本

看護師の不足は日本だけ?

看護師の離職してからの復職率が低く、看護師不足の現状が日本にはみられています。

 

 

また、日本の看護師の現状としては、看護業務の多忙化や、勤務体制の忙しさ、給料が低い事、家庭との両立が難しいなどの問題を抱えています。では近隣の諸国やアメリカでは看護師はどんな状態なのでしょうか。

 

 

世界の看護師事情とは

アメリカでは、日本とは違い看護師の給料は割りと高く、専門職としての手当ても厚いため、看護師を目指す方が非常に多いです。しかし、看護師の養成側の人数や学校が少ないため、十分な技能を持ち合わせた看護師の育成が不十分なため、看護師不足に見舞われています。

 

 

 

その点では、日本は医師会に次いで看護師会も大きく展開していますから、看護師の育成に関する点は日本のほうが優れているといえます。

 

 

 

お隣の中国では、人口に対する看護師の割合が少ないため、看護師不足となっています。また、看護の技術や医療の発展としても不十分な点が多々あるため、患者のご家族が看護師や介護士に変わって入院中の介護を行わないといけないような状態になっています。

 

 

 

中国に比べれば、日本の医療現場は最低限の治療や看護を受けることができているので、まだ充実しているほうですね。それでも看護師の不足は今後の高齢化社会において、十分な医療を受けることができるかどうかに関わる問題になっているのは過言ではないのです。