諸君!現状維持

看護師の現状とは

看護師は、病気や身体的な障害などで困っている方に対し、仕事を行う事ができ、非常にやりがいがあります。

 

人に感謝される仕事ですし、役に立つ事もできるのです。

 

しかし、そんな看護師ですが、どの病院や施設でも看護師不足の現状があり、頭を抱えています。

 

 

これは、看護師の資格取得者が減少しているわけではありません。看護師資格保有者の9割が女性である事、結婚や出産、子育てを気に離職する方が多いのが主な原因です。

 

 

 

また、離職した方が再度復職するという方も少ないのが現状です。そのため、現場の看護師不足という状態がみられています。そんな看護師事情について少しずつ説明していきます。

 

 

看護師の就職・転職に関して

看護師の就職や、転職に関してはそんなに難しいものではありません。病院やクリニックといった医療施設に加え、デイサービスやデイケアなどの介護施設など、就職先は多いためです。

 

 

なにより、看護師不足の現代では、どの施設もある程度の好条件を揃えてでも看護師不足の解消をめざしています。ですから、ハローワークやナースバンクを見ても求人数はかなり多いです。

 

 

 

他の看護師求人サイトでは、非公開の求人を多く取り揃えて、より現場で活躍できる看護師をその現場で働けるようにセッティングを行っています。この看護師不足という現状を逆手にとって、自身の都合にあった給料や勤務体系、福利厚生を整えてみるのがいいでしょう。

 

 

また、他の職種では、なかなか離職後の再就職が難しいことが多いです。しかし、看護師はこの機にさまざまな条件を整えて復職を考える機会と共に、様々な職場について検討する事ができるのです。

 

 

国の看護師の再就職にむけ対策を図っています!

2006年の診療報酬改定で、今まで10人に1人の看護師がつくのが基本であった現場を、7人に対して1人の看護師が担当するという現場に変える体制盛り込みました。

 

 

これは、矯正ではないのですが、7人に1人の体制に変えることで、現場の多忙さや看護師がゆとりを持って、患者様をケアする事のできる病院には、より高い診療報酬を払う事を打ち出しました。

 

 

 

こういったこともあり、看護師の求人はさらに増加し、より高い診療報酬と現場が動きやすい環境をあらゆる企業で動き出しています。

 

 

 

しかし、現状ではますます看護師不足に拍車をかけており、看護師の給料の値上げなども検討されています。

 

 

看護師が現場で不足することによって、病床数が減少し、患者数の受け入れも少なくなってしまいます。少しでも好条件をそろえて就職や復職をして、現場で活躍して欲しいと願っています。

 

ストレス?肌荒れが深刻化

私の肌質は敏感肌なので、基礎化粧品を変える際は人一倍気を使わないといけません。

 

 

それでも昔よりは随分マシになりました。乳液や化粧水なら、よほど刺激がある成分入りでなければ肌がひりついたり赤くなったりしません。

 

 

この前キャンプに行ったのですが、コテージに基礎化粧品が置いていないので、近所のドラッグストアに基礎化粧品を買いに行きました。

 

 

なるべく荷物を少なくしたい私は、基礎化粧品のトラベルセットを購入しようと思っていました。しかし、お気に入りのメーカーのトラベルセットがありません。違うお店に行くもの面倒なので、他の安値のトラベルセットを購入しました。

 

 

 

刺激があるか否か分からず、キャンプの夜使う際ドキドキしました。でも使い心地も悪くなく、次の日ニキビが出来る事もありませんでした。

 

 

 

これなら色んな商品を試しても大丈夫かも!そう思っていたのですが、キャンプの際購入したトラベルセットに付属していたオールインワンジェルを後日使い、大失敗です。やけにべたつくと思ったのですが、オールインワンだし他に塗らなくて良い筈。

 

 

 

だからこんなもんかなって思う様にしたのです。そしてべたつのにやけに肌がツッパリ出し、それでも放っておいて寝ました。

 

 

 

翌朝、見事に顎ニキビが出ていました。しかも赤く炎症を起こしており、かなり重症です。

 

 

 

私にはオールインワンジェルは合わないのかもしれません。まだまだ敏感肌には変わりない様なので、これからも自分にぴったり合った基礎化粧品を厳選していかなければと思い直しました。

 

健康に注意しましょう

女性の多くが経験した事のあるカンジダ膣炎。カンジダ膣炎は性病とされていますが、性交渉以外でも発症するケースがあります。

 

むしろ性交渉以外での発症の方が多いでしょう。

 

 

私自身も経験した事があるのですが、デリケートゾーンがとてつもなく痒いです。そしておりものも増加しますし、色が乳白色でした。これは私だけかもしれませんが、陰部の腫れを感じました。

 

 

 

熱を持っている感じと説明すれば理解できるでしょうか、とにかくいてもたってもいられず、婦人科を受診しました。(病院で性病検査

 

 

受診した先生はとても良い人で、「体調が悪かったんだね、仕方ないね。あまり締め付けの強いショーツは控えてね。」と、淡々と言ってくれました。そして個室に移動し、膣洗浄をしてから薬を処方してもらいました。

 

 

 

てっきり性病検査をされると思った私は拍子抜けしましたが、カンジダが常在菌であること、免疫力の低下でカンジダ菌などの悪玉菌が増加して症状が出てしまう事をその場で知り、安心しました。そして医師から「しばらく性交渉はしない様にね」と言われ、何だか恥ずかしくなったので目を合わさず「はい・・・」と言いました。

 

 

そっか・・・私はカンジダを発症したと分かったけど、性感染症ではないと安心しきっていたのです。

 

 

しかし通常健康な状態であれば、膣内の浄化作用によって発症する事はないのです。カンジダの繁殖を押されきれず発症してしまったという事は、私の身体は現在弱りきっている訳です。そんな状態で性交渉をすれば、他の雑菌などを膣内に招き入れて症状を悪化させたり、他の性病に感染する可能性だってあります。

 

 

 

しかも後で調べて分かった事なのですが、カンジダは男性にもうつるそうです。男性にも痒みや腫れなどの症状が出たり、そのまま性行為を続ければお互いに菌のうつし合いをする“ピストン感染”の状態になってしまいます。

 

 

 

これではお互い完治が随分遅くなってしまいますから、やはりしばらくは性交渉を避けた方が良いのですね。それにしても、カンジダ膣炎の痒みはしつこいです。しかも完治してもまた再度発症してしまう、クセがついてしまうのも厄介だと思います。